Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニカルチャートを極める事でFXの勝利者となる

多くの方にとって自分の好きな事を行って多くの収入を得る事はとても重要な事となるのです。最近では多くの方が自分の資産運用を真剣に考えています。オンラインで自分の好きな投資を行っていく事で大変高い収益を上げる事が可能となるのです。自分の好きな事を行って安定した資産運用を行っていく事は多くの方にとって大変重要な事となるのです。FXを自分で楽しんでいくことで大変多くの収益を上げる事が可能となるのです。最近では色々な方法で自分の資産運用を行っていく方が多いのですがFXは多くの方が高いレバレッジで大きな収益を上げる方法として考えている方法です。ネットで自分の資産運用を簡単に行っていける時代ですので、誰でも自分の資産を大きく増やす事が可能となるのです。為替のマーケットを見ていると大変多くの方が一度はテクニカルチャートの画面を見た事があるのではないのでしょうか。

パソコンやスマートフォンではこのようなテクニカルチャートを上手く活用する事で自分のトレーディングを行っていくことが可能となる場合が多いのです。為替相場は常に故国と変化をしています。そのような中で自分の収益を継続的に上げるにはやはりオンラインで自分の売買の適切なポイントを知る事が大変重要な事となってくるのです。テクニカルチャートを上手く使っていくことでより多くの過去の値動きを分析し、相場の転換点を上手く探る事が可能となってくるのです。株式投資にも通じるこの考え方を上手くマスターする事でより多くの収益を上げたり、また多くの損失を回避する事が可能となってくるのです。自分の資産運用を楽しんで行っていくことは実は大変難しいのですが、これをいかにして上手く行っていけるかどうかは自分の考え方や売買における哲学で大きく変わってくるのです。

スキャルピング等の更にスピード感のある投資でデイトレーダーとしても生き残っていくことが可能となるので、自分の為に是非、素敵な投資を行っていくことでよい確かな収益を上げる事を考えていきましょう。テクニカルチャートの分析は大変重要な投資上の戦略なのです。オシレーター系指標等、学習すべき項目は沢山ありますので、自分にとってベストな項目を徹底的に学習を行っていきましょう。為替の世界は株式投資等と比べて値動き自体は少ないですが、細かな転換点を見過ごさない事が大変重要な事となるのです。是非、頑張って自分の投資成果を上げていきましょう。

アルゼンチンと経済協力 鉄道や穀物 丸紅など3社、覚書へ


 安倍晋三首相が21日にアルゼンチンを訪れ、マクリ大統領と会談するのに合わせ、同行する大手商社3社が同国の国営鉄道会社や穀物大手などと経済協力の覚書を結ぶことが18日、分かった。自動列車停止装置(ATS)の受注などインフラ整備や穀物の長期買い付けが柱。同国は従来の反米左派路線を転換し外資の投資環境整備にかじを切っており、日本企業は商機拡大に弾みをつけたい考えだ。

 経済協力では、丸紅が日本信号と組み、アルゼンチン国鉄から首都のブエノスアイレス近郊線全8路線向けにATSを約60億円強で受注。三菱商事は地元財閥とインフラ整備などで幅広い覚書を結ぶ。同国は鉄道や港湾などのインフラ整備に4年間で1千億ドルを投じる計画で商機が見込める。

 三井物産は穀物大手ビセンティンと飼料用穀物など年間約40万トンの長期買い付け契約を結ぶ方向。同国からのアジア向け輸出が増える見通しで、調達先を多様化する。同国の路線転換は昨年12月に中道右派のマクリ大統領が誕生したのがきっかけで、日本貿易振興機構(ジェトロ)も約6年半ぶりに日本人駐在員の派遣を再開する。



引用:アルゼンチンと経済協力 鉄道や穀物 丸紅など3社、覚書へ



政府税調、配偶者控除、年収103万円引き上げを提言へ


 政府税制調査会は9日、所得税改革について議論し、配偶者控除の見直しに関し、103万円以下としている配偶者の年収要件の引き上げ案を提言に入れる方針を決めた。税収が減らないよう「税収中立の堅持」を掲げ、所得の高い一部世帯を控除適用から除外するなど所得制限の方向性も示す。14日に開く総会で正式に提言をまとめ、安倍晋三首相に提出する。

 政府税調は、パート主婦らが控除を受ける目的に年収103万円以下に就労を抑える問題には、年収要件の引き上げが効果があると判断。配偶者控除の廃止や、配偶者の年収を問わずに適用する「夫婦控除」への転換など、これまで示してきた3案も提言に盛り込み、年末の与党税調の議論のたたき台にする。

 中里実会長は記者会見で、配偶者控除について「中立的な税制を構築する観点から見直す必要があるとの意見で、具体的な制度案などの議論を深めることができた」と述べた。

 政府税調は企業の税逃れ防止策も提言する。事業実体のない海外のペーパー会社の所得について、親会社と合算し、日本の税率を課す仕組みをつくることなどを盛り込む。



引用:政府税調、配偶者控除、年収103万円引き上げを提言へ



電通に強制捜査 菅義偉官房長官「働き方改革をしっかり進めたい」


 菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、女性社員の過労自殺に絡んで厚生労働省の東京労働局などが労働基準法違反容疑で電通の東京本社(東京都港区)や3支社を家宅捜索した件に関し、「個別の事案に対するコメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。ただ、その上で「働き過ぎで尊い命を落とすことがなくなるように、働く人の立場に立って長時間労働の是正、同一労働同一賃金の実現など、働き方改革をしっかり進めていきたい」と強調した。



引用:電通に強制捜査 菅義偉官房長官「働き方改革をしっかり進めたい」



増える内部留保 不満募る政府

会社を辞めたいと思ったら、FXを始めましょう!ここだけのFXで稼げる教材ランキング!

 企業が蓄えたもうけを示す「内部留保」が増え続けている。財務省の法人企業統計によると、2015年度は377兆8689億円と前年度から約23兆円増加し、4年連続で過去最高を更新した。アベノミクス効果をアピールしたい政府は、来年の春闘もにらんで賃上げなどに回すよう迫っているが、企業側は慎重だ。

 内部留保とは次の通りだ。企業は毎年の決算で、製品やサービスの売上高から、人件費や原材料費、借金の利払い費、法人税などを差し引く。残ったお金が1年間のもうけとなる「最終(当期)利益」だ。ここから株主への配当などを支払い、最後に残ったお金が内部留保として毎年積み上げられる。正式な会計用語ではないが、企業の財産や借金の内容を示す貸借対照表(バランスシート)で「利益剰余金」と記載される金額を指す場合が多い。

 15年度の法人企業統計は約276万社(金融・保険業を除く)の利益剰余金を算出した。内訳は製造業が131兆8841億円、非製造業が245兆9848億円。企業規模を示す資本金別では、10億円以上の約5000社で約182兆円とほぼ半分を占める。

 ◇景気停滞へのいら立ち背景

 積み上がる内部留保に政府は不満を募らせている。石原伸晃経済再生担当相は「経済を成長軌道に乗せるには、内部留保を設備投資や賃金の増加につなげることが重要だが、十分そうなっていない」と主張する。

 背景には景気停滞に対する政府のいら立ちがある。今年4~6月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質が前期比0.7%増(年率換算)にとどまった。主因は個人消費と設備投資の低迷だ。

 大企業は今年の春闘で3年連続の賃上げを実現したが、伸び率は鈍化し、4~6月期の個人消費は0.2%増と低調だった。設備投資は0.1%減に沈んだ。政府は「アベノミクスによる円安効果や法人税減税で企業はもうけを増やしたのに賃上げや投資に回していない」とみている。

 ただ、企業は内部留保をまるごと現金でため込んでいるわけではない。工場建設や海外企業買収などに充てており、内部留保は現金ではなく、工場や株式などに姿を変えた形でも存在する。法人企業統計によると、企業が持つ現金と預金は15年度に約199兆円と内部留保全体の半分強だ。

 内部留保の使い道を正確に把握するのは難しいが、財務省の国際収支統計によると、日本企業が海外企業の買収などに投じた額を示す対外直接投資は15年度に16.8兆円と過去最高に達した。アベノミクスが本格化する前の12年度(9.7兆円)から大幅に増え、もうけを海外への投資に注ぐ姿がうかがえる。

 また、15年度の現金と預金は前年度より約14兆円増えたが、経済界は「企業(全体)の運転資金の1.6カ月分。適正範囲を超えた水準ではない」(経団連の榊原定征会長)と主張している。運転資金とは人件費や原材料費など日々の生産・販売活動を賄うお金。経営環境が急変した場合に備え、いつでも使える現金や預金をある程度手元に置く必要があり、多すぎるわけではないという説明だ。

 だが、政府は納得しておらず、賃上げ圧力を強める方針。安倍晋三首相は「経済界全体に賃上げの動きが広がることを期待する」と述べており、経済界代表も交えた働き方改革実現会議などで迫るとみられる。

 ◇円高に人口減 経済界は慎重

 経済界は大幅な賃上げには消極的だ。最近の円高で企業のもうけが減っているためだ。消費の停滞に関しては「医療など社会保険料の負担増が消費者の節約志向を強めている」とみて、政府に社会保障費の抑制を求めている。また、設備投資については「人口減少が進む日本国内への投資拡大は難しい」との声がある。

 政府内では「内部留保に課税し、企業が賃上げや投資に回さざるをえない仕組みを作るべきだ」(経済官庁幹部)との強硬論もくすぶる。一方、経済界には「政府は民間の経営判断に介入せず、少子化対策の加速や規制緩和の推進など企業が投資しやすくなる環境の整備に徹すべきだ」との意見もあり、せめぎ合いは続きそうだ。【小倉祥徳】

Appendix

PR

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ご意見・ご感想

個別に返信することはできませんが、できるだけブログ内でお答えしていく予定です。

プロフィール

シロイヌヌ

Author:シロイヌヌ

人気のFX会社(開設無料)

DMM FXは初心者向け
DMM FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。