Entries

スポンサーサイト

NY原油、一時52ドル台 5年8カ月ぶり安値

 【ワシントン=小雲規生】29日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は3営業日続落し、指標となる米国産標準油種(WTI)の来年2月渡しは一時、2009年5月上旬以来5年8カ月ぶりとなる1バレル=52ドル台まで下落した。終値は前週末比1.12ドル安の1バレル=53.61ドルで、こちらも5年8カ月ぶりの安値になった。  取引開始直後はリビアの石油輸出港での火災で約80万バレルの原油が焼失...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。