FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京株、終値は525円安で1万6800円台まで下落 世界同時株安に


 原油の大幅安にともなう欧米株安の直撃を受けて、6日の東京株式市場は大幅続落した。日経平均株価の終値は、前日比525円52銭安の1万6883円19銭と、ほぼ安値圏で取引を終えた。ザラ場、終値とも昨年12月17日以来、ほぼ3週間ぶりの安値水準となった。

 終日大幅安。午前終値は455円安だったが、午後に一段安となり、日経平均株価の下げ幅は500円を超えた。安値は526円安の1万6881円。

 前日のニューヨーク・マーカンタイル取引所で原油先物相場が急落し、指標となる米国産標準油種(WTI)の2月渡しの価格が約5年8カ月ぶりに、一時1バレル=50ドルを割り込んだ。また欧州債務危機の発端となったギリシャで政局の混迷が深まっていることも嫌気され、欧米では原油安と並んで大きな下げ要因となった。

 これを受け欧米主要市場がほぼ大幅安となり、東京市場を直撃。さらに東京ほどではないが、アジア市場も値下がりして、世界同時株安の様相となった。

 東証株価指数(TOPIX)の終値は、前日比39.95ポイント安の1361.14とこの日の安値で終わった。東証1部銘柄の93%超にあたる1729が値下がり。主力株は軒並み値下がりしている。

Appendix

PR

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ご意見・ご感想

個別に返信することはできませんが、できるだけブログ内でお答えしていく予定です。

プロフィール

シロイヌヌ

Author:シロイヌヌ

人気のFX会社(開設無料)

DMM FXは初心者向け
DMM FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。