FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商社7社の4~12月期、最終増益は伊藤忠など3社だけ 5社が資源で減損計上


 大手商社7社の2014年4~12月期(平成26年)連結決算が6日、出そろった。鉄鉱石などの資源に加え原油価格急落で海外の油ガス田の資産価値が下落し、住友商事など5社が資源関連の減損を計上。住友商事は最終赤字に、三菱商事、三井物産、丸紅の3社は最終減益となった。機械や情報関連など非資源が好調な伊藤忠商事など3社は増益だった。

 これを受けた今3月期の通期最終利益予想は、非資源の収益貢献が大きい三菱商事と伊藤忠に加え双日、豊田通商の4社が期初予想を据え置き、最終増益を見込む。収益に占める資源の割合が高い三井物産は減益予想に転じた。

 丸紅は資源に加え穀物会社の減損で最終利益予想が期初見通しに比べ半減の1100億円に、住商も昨年発表した巨額損失で最終利益が100億円へと落ち込む見通し。

 大手商社からは「ここまでの原油安は想定外」(岡田譲治・三井物産副社長)との声が相次いだ。回復に時間がかかるとの見通しも強い。

 通期の減損額は税引き後で住商2400億円を筆頭に丸紅が1200億円、三菱商事が約650億円、三井物産が560億円、伊藤忠が130億円を見込む。

■大手商社7社の2014年4~12月期最終損益

三菱商事  3153(▲5.7)

三井物産  2544(▲19.7)

伊藤忠商事 2313(2.5)

住友商事  ▲102(-)

丸紅     770(▲51.9)

豊田通商   643(11.7)

双日     272(30.5)

※単位・億円、カッコ内は前年同期比増減率%、▲はマイナスまたは赤字。-は比較できず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。