FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京株、終値125円安 1ドル122円台の円安加速が影響、一時下げ幅200円超

ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX

 10日の東京株式市場は大幅続落した。日経平均株価の終値は、前日比125円44銭安の1万8665円11銭。円相場が7年8カ月ぶりに1ドル=122円台に乗せた影響で、午後は一時213円安の1万8577円まで値を下げた。取引時間中としては2月25日以来、ほぼ2週間ぶりの安値水準となった。

 午前につけた高値は133円高の1万8924円。その後、上げ渋ったものの、午前は41円高の1万8831円で引けた。

 昼休みが終わる直前に円相場が急落。午後零時半ごろに2007年7月以来、7年8カ月ぶりの円安水準となる122円01円をつけた。

 米国での早期利上げが取りざたされるなか、前日の米国株が大幅反発したことを手掛かりに、円売りドル買いが膨らんだため。

 過度な円安を警戒していた東京市場がこれに反応。

午後寄り直後から一気に値下がりした。

 東証株価指数(TOPIX)の終値は、前日比7.01ポイント安の1524.75。東証1部銘柄の騰落は、743が値上がり、974が値下がりした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。