FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井住友海上 英損保を買収か

今の仕事を、いつまで続けますか? あなたがやりたいことは、本当に今の仕事ですか? 自分の才能をもっと生かして、時間とお金の両方がほしい! そんな風に思っていませんか? この動画を見ることで、きっとあなたの人生は、思うように動き出します! ⇒  http://jj7.xsrv.jp/mobatore/free.html
[東京 8日 ロイター] - 三井住友海上火災保険<8725.T>は8日、英損害保険会社のアムリン<AML.L>を買収することで交渉していることを明らかにした。生損保は少子高齢化で縮小する日本以外で収益機会を得るため、海外買収を積極的に行っており、今回もその一例。

ただ、三井住友海上火災は、まだ決定した事実はないとしている。広報担当者がロイターに述べた。

同日付の日本経済新聞は、三井住友海上がアムリンを5000億円超で買収する方向で最終調整に入ったと報じた。

アムリンの時価総額は前日終値ベースで25億ポンド(約4550億円)のため、買収金額は10%超のプレミアムを乗せた水準となる。

生損保では、今年6月に東京海上ホールディングス<8766.T>が米HCCインシュアランス・ホールディングスを約9413億円(約75億ドル)で買収することで合意したほか、明治安田生命保険も、米スタンコープ・ファイナンシャル・グループ<SFG.N> を約6246億円で買収すると発表し、大型の買収が相次いでいる。

数年前はアジアで生損保が事業拡大を目指すケースが多かったが、ここにきて目立つのは米国。

ある投資銀行のM&A(合併・買収)担当幹部は、アジアでは成長の伸び率は高いが外資系企業が参入する際の資本規制などで、現地法人を完全子会社化できない弊害がある一方、欧米ではそうしたハードルがなく、人口が増加する米国では、1つの経済圏で安定した収益拡大が見込めるのが日本の保険会社にとってメリットと指摘していた。

三井住友海上が買収交渉しているアムリンは、本社をロンドンに構え、英保険市場、ロイズのメンバーでもある。

*内容を追加します。

(江本恵美、浦中大我)

【関連記事】
ホットストック:MS&ADが買い先行、英損保アムリンとの買収交渉を材料視
三井住友海上、英損保アムリンを買収で交渉
15年度外国資産400億円強積み増しへ=三井住友海上運用計画
コラム:東京海上、巨額買収に見合う経費削減追求を
東京海上が米HCCを9413億円で買収へ、保険最大の海外M&A


引用:三井住友海上 英損保を買収か


毎日、一生懸命仕事しているけど、なぜか上手くいかない。 そんな焦る日は、今日でおさらば。 あなたに最高の教材が提供できます。 通常49,800円の高額セミナー動画を今だけ無料公開!  ⇒ http://jj7.xsrv.jp/mobatore/ig.html

Appendix

PR

ご意見・ご感想

個別に返信することはできませんが、できるだけブログ内でお答えしていく予定です。

人気のFX会社(開設無料)

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。