Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国株29分の混迷 渦巻く怒り


    (ブルームバーグ):ローラーコースター並みに荒い値動きが標準の中国株市場としても、7日の短い取引は混沌の29分だった。

本土市場の取引開始とほぼ同時に始まった相場急落に、華西証券の専門家たちもわけが分からなかった。上海のある運用者は4600万ドル(約54億2800万円)相当の保有株を全て売った。しかし他の多くの投資家らは、サーキットブレーカーの発動で取引が突然停止されたため売ろうにも売れず立ち往生した。

現地時間午前9時59分までには全てが終わっていたわけだが、証券会社にとっては終わりにならなかった。今週に入り2回目のサーキットブレーカー発動とCSI300指数の12%下落に動揺し怒った顧客から電話が殺到し始めた。

華西証券の魏?アナリスト(上海在勤)は「怒った顧客から、相場下落とサーキットブレーカーについての苦情の電話が殺到し対応に追われた」と話した。「市場に何が起こっているのか理解できず、どうしていいか分からなくて当惑した」と付け加えた。

世界の株式市場を揺るがせ中国経済への信頼を揺さぶった今週の中国株急落は確かに不可解だ。人民元は下落、成長は鈍化しているとはいえ、中国経済の成長が止まったわけではない。成長減速は既に分かっていることだし、元はドル以外のほとんどの通貨に対してはそんなに下げていない。アナリストは今年の6.5%成長を見込んでいる。

投資家が不安がっているのは、乱高下する株式市場を中国当局がどの程度うまくコントロールできるかだろう。当局が昨年夏に介入で相場を下支えするという極端な措置を取った後、企業景況感や消費者信頼感に響く乱高下が再燃したことに政府がどう対応するかを、アナリストらは読みかねている。

市場全体の取引を停止するサーキットブレーカー制度への批判は強まりつつある。年初に導入された同制度ではCSI300指数の変動率が5%になると15分間の取引停止、7%でその後終日の取引停止となる。今週は4日と7日に終日停止の措置が取られた。

1/2ページ

Appendix

PR

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ご意見・ご感想

個別に返信することはできませんが、できるだけブログ内でお答えしていく予定です。

プロフィール

シロイヌヌ

Author:シロイヌヌ

人気のFX会社(開設無料)

DMM FXは初心者向け
DMM FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。