FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街角景気、2カ月ぶり改善も中国減速で力強さ欠く 先行き懸念も根強く

会社を辞めたければFXで口座開設!

 内閣府が12日発表した平成27年12月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数が前月比2・6ポイント上昇の48・7と2カ月ぶりに改善した。しかし、指数の水準は好不況の判断の分かれ目となる50を5カ月連続で下回った。年末商戦の好調など改善要因は力強さを欠き、景気の先行きを不安視する声も少なくない。

 基調判断は、中国経済減速による影響が見られるものの「緩やかな回復基調が続いている」との見方を据え置いた。

 内閣府によると現状指数の改善は、暖冬で11月の冬物商戦が落ち込んだ反動による要素が大きい。「景気が良くなってきたのではなく季節要因と判断」(九州の衣料品専門店)との声があったほか、「中国の景気動向が悪く、機械の輸出が悪化している」(北陸の輸送業)など、海外経済の減速を指摘する声もあった。

 また、2~3カ月先の見通しを示す先行き判断指数は48・2と横ばいだった。「海外は不安要素が多く、何かのきっかけで国内景気が落ち込むことへの警戒が多い」(東海の化学工業)といった意見が出た。内閣府も「良い状態は続かないとの見方が多い」と分析する。

 また、内閣府が同日発表した、昨年12月の消費動向調査も、消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上の世帯、季節調整済み)は前月比0・1ポイント上昇の42・7と、3カ月連続で改善したが、上昇幅は小幅にとどまった。

 中国経済減速により、家計や企業の警戒感は高まっている。特に年明け以降の上海株暴落などが、不安に拍車をかける恐れは根強い。消費や設備投資が冷えれば、政府が掲げた名目国内総生産(GDP)600兆円の達成も危うくなる。(山口暢彦)

Appendix

PR

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ご意見・ご感想

個別に返信することはできませんが、できるだけブログ内でお答えしていく予定です。

プロフィール

シロイヌヌ

Author:シロイヌヌ

人気のFX会社(開設無料)

DMM FXは初心者向け
DMM FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。